読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くじびきでPTA会長になりました!

これまで役員すらやったことない私が、くじびきでPTA会長になっちゃいました。ビビりで人見知りで小心者。前途不安なPTAライフを綴っていきます

うちって違法PTA?いつPTAに入ったっけ?

PTA日記

PTAに調べていくと、PTA会員のくせにPTAをよくわかってないことを思い知らされました。なかでも、PTAが任意団体という事実!

 

当たり前を疑え!

 

まさにその通りでした。
任意加入についてはこちら↓

 

世の中にはいろんなPTAがありますが、任意ではなく強制加入させたり、入退会が自由でなかったりするPTAのことを「違法PTA」と呼ぶそうです。

 

うんうん、PTAは任意団体なんだから、参加するか本人の意思確認が大事だよね!それぞれの事情もあるし、PTAの活動に納得して、入会書を出して参加するのが普通……

 

あれ?

入会書なんて出したっけ?

 

入学式があって、学級懇親会があってそこで学級委員が決まって、PTA総会があって、会費払って、PTAのみんなで学校周りの掃除をして……

 

どのタイミングで自分はPTAに入ったんだ?

 

総会に出ている時点で入会したってことなのかな? 自分が忘れているだけで、入会書みたいなもの書いて出したかな?

 

心もチキン、頭もチキンな私です。
記憶力にまったくの自信がありません!

 

そこで、年度初めに開かれた総会の資料をひっぱりだして確認しました。年度初めに配られる総会資料にはPTAの規約がのっているのです。入退会についてそこにちゃんと書いているだろうと思ったんです。そう、あると思っていた……

 

なかった!
入退会について何も書かれていなかった!

 

もし、PTAを止めたいと思ったときどうするの!? あれうちって違法PTA!?

 

まずはそこからだった…

 

とりあぜずPTA任意加入を周知させるべく、これから資料作ろうと思います。

 

f:id:kaisoku-hero:20170220205433j:plain

PTAって義務?いえいえ、PTAは入退会自由の任意団体です

PTAって何のため?コラムっぽいもの

「親がPTAに入るのは義務でしょ?」
「みんなやってるんだから、やらなきゃズルい」

 

PTAは保護者全員が参加することが義務だと、思ってはいませんか? 学校や幼稚園に入ると自動的に会員になっていて、PTAに入るのが当たり前と考えている人は多いと思います。

 

PTA活動はなくてはならないもの!

誰かがやらなければならない!

いやいや、そんなことはないんです。

 

PTAの設置や入会を義務付ける法律はありません。PTAは社会教育法による「社会教育関係団体」であり、入退会は自由。PTAの目的や活動に賛同したうえで、任意で加入するボランティア団体です。

 

だから、PTAに参加を強制することはNG!

PTAに参加しないからと非会員に嫌がらせや中傷する行為は、脅迫や恐喝にあたるケースがあります。

 

いまPTAが抱えている問題の多くは、任意加入が知られていないことで生じているケースが多いといわれています。PTA会員ですら「任意加入」だと知らない人もめずらしくないでしょう。

 

一年で交代する役員、PTA会長や副会長になった人も知らないまま、前年通りのPTA入会をただ踏襲することも少なくありません。実際、くじびきでPTA会長になった私は自分でPTAについて調べるまでよくわかっていませんでした。何が言いたいかというと、それほどまでにPTAに自動入会して、全員参加が普通になっているんですね。

 

ちなみに、PTAに入会していないのに会費を徴収されたことは不法行為であるとPTAを訴えた熊本PTA裁判。福岡高裁の結果「和解」となったそうですが、PTA会費納入袋と書かれた封筒に会費をいれて渡していたということで、原告はPTAに入会しているという認識があったと判断されたようです。入会ってなんだろう。

 

PTAは任意加入、強制ではなくボランティア。

 

それが周知されればもっと目向きに活動できるのではないかな?やっぱり自分で参加を決めて、PTA活動するのとしないのでは違うと思うんですよね。それに、任意加入が周知されれば不合理なPTAは会員を確保できず、淘汰されることでしょう。逆に考えると、最初が強制加入だったとしても、保護者が納得してPTA活動しているのなら、問題にはならないわけで、やはり肝となるのは、PTAの活動内容、その在り方なんでしょうね。

 

 

PTA会長をがんばろう!そう決めた翌日に心が折れた話

PTA日記

PTA会長を頑張ってみようかなと決心した翌日。


私は聞いてしまったのです。

 

なにを?

 

それは……

 

PTAの悪口です。

 

「○○さんがPTA役員になったらしいよ。大丈夫かしら?」
「役員なんてやりたくないよね」
「PTAなんであるんだろ」


たまたまバスの後ろの席に座っていたママさんたちがしていたPTAトーク。それを、私は身につまされる思いで聞いていました。そのママさんたちは、まったく知らない人ですが、自分のことを責められているようで…

 

気持ちがズーン↓↓↓


自分も陰でそう言われてるんだろうなぁ。自分からやりたいって言ったわけじゃないのに。モヤモヤ。豆腐メンタル炸裂です。

 

 

でも、まあね。
私も、そう思っていたんですよね。

 

PTAなんて不必要じゃないか?
時代にあってないんじゃないか?
PTA役員ってなんか怖い……


PTAって何やっているのか、さっぱりで、面倒くさそう、大変そう、マイナスイメージしかなかったです。PTAのことをよく知らないし、知ろうともしなかった。


でも、PTA本部役員選出集会の前に「書記とかなっちゃうかもしれないし」と慌てて、PTAがこれまでどんな活動をしていたのか調べたのです。これまでもらった広報誌や学級だよりなどを全部残していたので、それも読み直すとPTAって意外と学校行事に関わっているなと思いました。学校行事を先生たちだけで準備することが大変で、PTAや地域のお手伝いがあるから成り立っている部分もあるんだなと


学校は勉強するだけでいい、学校でできることをやってほしい、行事のときに人手がいるならボランティアで。いろいろな意見はあると思いますが、PTAはいらないと思う人が多ければPTAはなくせます。

 

だって、PTAは任意団体。

 

強制参加ではありません。入らないという人が多ければ、存続が難しくなるでしょう。PTA強制加入問題については、まとめたものはコチラ↓

 


保護者によって考えはいろいろですが、私は家庭だけでなく学校という社会の中でもさまざまな経験をして欲しいし、子どもを見守ってくれる地域の人たちの目も欲しいと思います。ボランティアを募るためにボランティアを募る仕事をする人が必要だし、続けてほしい行事もあります。

 

でも、不満もあるんです!

 

PTAはあって欲しいけど、人付き合いは苦手なので地域行事や会合に参加するのは怖いし、あの活動はいらないでしょうとも思ってます。今のままじゃあ…

 

気持ちはずーん↓↓↓

 

大変だし、白い目で見られるし、PTAにマイナスイメージを持っている保護者の気持ちがわかるからこそ、とても怖くなりました。

 

PTAは子どもたちのためにも、
PTAを時代にあったものに変えよう!
いらない活動は止めよう!
できることをやろう!

 

その思いをPTA会長になった自分はうまく伝え……られるかな?否定されたらどうしよう?そこからは、頭の中はダメスパイラル。

 

 やっぱ無理!

なんもしたくない。

考えたくない。

しばらく現実逃避(オタク活動)

 

そして、ちょっと落ち着いてから本屋に行って、『伝わる話し方のコツ』(西任暁子/ナツメ社)とPTA関連の本、ヒロアカを買いました。

 

昔から不安なことがあると、私は本をいっぱい読みます。本屋さん最高です。参考になった本もおいおい紹介できたらと思います。

f:id:kaisoku-hero:20170220212649j:plain